耐震性

全棟構造計算を行い、耐震等級3を標準にしています。
阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震…新たな地震の度に想定外と聞きます。
それなら現在出来る最高耐震等級3を採用するのが賢明だと弊社は考えます。

構造計算について

・構造計算には壁量計算と構造計算の二つがあります。

壁量計算は名前の通り地震力・風圧力の計算が電卓で出来ます。
A3用紙で1枚か2枚程度の計算です。
2階建てまでならこれで建築確認申請が出来ます。
構造計算は専門の構造設計事務所に依頼をして、建物にかかる力に対して建物の部材がちゃんと耐えられるのか検討します。
検討する項目は、
・耐力壁/・水平構面/・柱や梁の躯体/・接合部等部材の一つ一つを構造専門のソフトで検討します。
例えば
・仕様に基づく荷重(固定荷重、積載荷重)/・耐力壁の耐力、配置/・水平構面の耐力、配置/・柱や梁などの躯体の寸法、配置/ ・接合部の耐力などなどです。

・構造計算のメリット

安心して長く住んで頂ける家の提案、適切な仕様(適材適所)と適切なコスト、耐震性能の見える化等がメリットです。
建物の安全性の根拠ですので必ず2階建てでも、構造計算をします。

耐震等級について

・ダイシンビルドは耐震等級3

耐震等級とは3段階あります。
耐震等級1は建築基準法の耐震性です。
数百年に一 度発生する地震(震度6強 から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する 地震(震度5強程度)の地震 力に対して損傷しない程度ということ になっています。
そして、耐震等級2 はその 1.25 倍、耐震等級3はその 1.5 倍の地震力に対抗できる耐震性があります。
弊社では耐震等級3を標準にします。

    • 建築基準法レベル
    • 建築基準法に合わせた構造計算
    • 数百年に一度程度の地震で倒壊しす危険性あり
    • 命は守れる可能性が高いですが、住宅が損傷する可能性があります。
    • 建築基準法の1.25倍の耐震性
    • 長期優良住宅の最低基準
    • 数百年に一度の震災でも倒壊しない耐震性
    • 避難所に指定されている学校や病院などの基準が耐震等級2に相当
    • 建築基準法の1.5倍の耐震性
    • 耐震性に関しては国内最高等級
    • 数百年に一度の自信でも十分安心できる耐震性
    • 警察署・消防署など防災の拠点となる施設の基準が耐震等級3に相当

制震テープ(オプション)について

構造計算をして耐震等級を3にしてもまだ不安な人には更なる安心の為、制震テープをお勧めしています。

http://ibrain.jp/tape_main.html

色々な制震方法がありますが建物に対して2か所または4か所で地震の力を逃がすよりは家全体でバランスよく揺れを吸収する方が合理的な考えだと思い、2009年頃から採用をしています。