断熱性能

エアコン1台で家中の暖房が出来るレベルの断熱を理想としています。
QPEX(冷暖房用エネルギー消費計算プログラム)を使い一棟、一棟計算をします。
2007年から関西で高断熱住宅を施工してきました。施工力には自信があります。
施工力の違いで、同じUa値でも暖かくならない家や夏がやたら暑い家になることがあります。
弊社では新築からリノベーションまで手掛けて提案から施工、その後の冷暖房費、暮らしの快適さまでトータルに考えます。
ランニングコストとイニシャルコストを考え、関西でオーバースペックでは無いちょうどいい断熱仕様を提案します。

基本グレード(Q1LEVEL1)について

基本グレードでも北海道並みの高性能住宅(Q値1.45 UA0.46北海道基準 C値0.7)です。
冬は暖かく、夏は涼しい快適な暮らしを提案します。

断熱材

高性能グラスウールを丁寧に施工します。
高性能グラスウールは安定して性能が良く経年劣化等も無いため北海道・東北で一番使用されている断熱材です。
コストと性能を考えると高性能グラスウールが一番です。

・屋根、天井断熱 高性能グラスウール16K 210㎜(マグスーパーイエロー)

・壁断熱高性能グラスウール16K 120㎜(マグスーパーイエロー)

・基礎押出法PSF3種 50㎜


開口部

窓はオール樹脂製サッシを標準としています。
家の熱は窓から逃げるため、窓の性能を上げると結露も減り冬の朝も快適になります。

標準サッシ1:YKKap APW330

特徴
1:LOW-E複層ガラスで熱の出入りを軽減。
2:目的別に選択できるガラスで、用途に合わせてより良い効果が得られます。
3:アルミの約1,000分の1の熱伝導率である樹脂サッシを採用。結露も大幅に軽減します。

標準サッシ2:シャノンウィンドウⅡ

特徴
1:空気と比べて約30%も熱伝導率の低いアルゴンガスを標準封入したLOW-E複層ガラス採用。
2:複層ガラスは空気層の厚みによっても断熱力が変わります。アルゴンガス入り空気層の場合16㎜が最も効力を発揮するため、厚みは16㎜。
3:断熱性能のUPと結露防止のため、サッシにはアルミではなく樹脂を採用。
4:「公共建築工事標準仕様書」ならびに「木造建築工事標準仕様書」に適合した厚さ2.5㎜いう上の堅牢な樹脂サッシです。

玄関

木製断熱玄関ドアは断熱性能も良く木の家にもよく合うため採用しています。
玄関の表情がとても良くなりますよ。

天窓

トリプルガラスの天窓である、べルックス天窓(北欧デンマーク)は性能も良く、窓も開くので主に北側の屋根に設置をして夏の換気に使用するのに適しています。
もちろんブラインドもあり夏の暑さ対策も安心です。
大阪の狭小地では屋根からの採光が最適です。

換気

1種換気
全熱交換型換気扇を推進しています。
*冷暖房費が大幅に削減できます。
*温度だけでなく冬場の乾燥、夏場の湿気を抑えます。
*空気の清浄化で花粉、PM2.5等の進入を防ぎます。
プランや建築面積の大きさによりメーカーを変えています。

推進機種
・パナソニック IAQ制御搭載 熱交換気システム
・マーベックス
・ベントサン(ドイツ製)

オプショングレードアップ(Q1LEVEL2~3)ついて

国の定める省エネルギー基準から24時間全館暖房をして暖房費が3/10以下になる超高性能住宅(Q値1.3以下 Ua値0.4以下 C値0.7以下)です。
数値より冷暖房費を下げるのが目的です。
イニシャルコストは坪3~5万円上がりますが、ランニグコスト(15年以上の冷暖房費)は安くなります。
プラン・仕様によりQ値を1以下にも出来ます。
例えば「あと100万円を断熱性能向上に使えばどの位の仕様でスペック、冷暖房費がいくらになるのか?」との高度な質問にもお答えいたします。

標準仕様からの変更点

断熱材

屋根・壁ともに付加断熱を施工します。

屋根・天井 高性能グラスウール16K 210㎜+105㎜(マグスーパーイエロー)
壁     高性能グラスウール16k 120㎜+50㎜(マグスーパーイエロー)
基礎    押出法PSF3種   50㎜

木製サッシ

お洒落なデザインと断熱性能を合わせた木製サッシは、リビング等に設置すると断熱性能だけでなく居心地もアップします。
木製サッシは里山住宅博inkobe堀部安嗣先生設計のバンガードハウスにも採用されています。
・アルス株式会社 「夢まど」