ZEH

ZEH(ゼロエネルギー住宅)とは

住宅における給湯や空調、照明などのエネルギー消費量と太陽光発電による<創エネ>を差し引きして、年間の一時エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたはマイナスとなる家のことです。

ZEH達成に必要な3つのポイント

  • ポイント1:断熱

    一番肝心なのは高断熱化であり、使うエネルギーを削減させることです。
    今回国が発表したZEHの基準はUa値が0.6(平成25年度省エネ基準0.87)になっています。
    2016年までの弊社の平均はそれを下回りUa値が0.46ぐらいになります。(プランによりますが)この基準は北海道なみの断熱性能となります。

  • ポイント2:省エネ

    家で消費する電力量を減らすために、HEMSや省エネ性の高い機器(エアコンや給湯機等)・LED照明を使用します。
    古い冷蔵庫を使用している場合、新しいものに変えるだけでもかなりの省エネが期待できます。

  • ポイント3:創エネ

    ポイント1と2をしっかり実行した上で、家全体で消費するエネルギーよりも多くのエネルギーを創るため、太陽光発電で効率よく発電する必要があります。

ZHE自体は難しい技術が無くても実現可能です。
その理由として、省エネルギー基準の断熱性能を少し上げた家に、大きな太陽光発電を搭載すると机上で0になるからです。
お家の中で使うエネルギーと創るエネルギーをプラスマイナスゼロにすればいいだけなのでとても簡単なことです。
量産ハウスメーカーさん、建売住宅でもメカに頼れば簡単にできるため、私達はこれを「メカメカZEH」と呼んでます。

私達のZEHは先ずは基本の断熱性能を上げ、少ないエネルギーで快適に過ごせる器を造り、そこに太陽光発電を載せる事です。
パッシブデザインを取入れ断熱性能を上げたZEHは光熱費のみでは無く、住み心地まで変えてくれます。
「豊かな暮らし」を目指す弊社では気持ちも豊かになって貰えるように考えます。

今後5年間のZEHへのロードマップ


ダイシンビルドはZEHビルダーに登録店として、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(導入補助)の申請・手続きを行っております。
ご不明な点や、補助金等について、お気軽にご相談下さい。

補助金についてのお問い合せはこちら
  • 2016年実績
    20%
  • 2017年実績
    34%
  • 2018年実績
    30%
  • 2019年
    45%
  • 2020年
    60%