SDGsの取り組み

ダイシンビルドSDGs宣言

有限会社ダイシンビルドは、
エネルギーにばかり頼らない住まいと住まいづくりを通して、
健康と幸せが世界中に広がるよう一歩一歩進んでまいります。

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)は、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際開発目標です。世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会を作るために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットから構成され、人間、地球及び繁栄のための行動計画として宣言および目標が掲げられました。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本国内でも多くの企業や団体が積極的に取り組んでいます。

有限会社ダイシンビルドは、SDGsの理念・目標に賛同し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
わたしたちの事業を通して実現できること、取り組むべき課題を考え、お施主さんや地域の皆様と共に協力しながら取り組んでいきます。

参考リンク
APAN SDGs Action Platform(外務省)
持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組(外務省国際協力局発行)

3:すべての人に健康と福祉を

性能に優れた住宅は、健康維持を増進します。
高齢化対策・健康寿命の延伸・寝たきりの予防・高齢者が元気でいることで生み出される雇用と消費は、若者世代の活気につながります。
健康を維持できる住宅で、今ある生活をより長く快適に過ごしていただけるよう努めます。

5:ジェンダー平等を実現しよう

男社会といわれて久しい建築業界ですが、性別にかかわらず、つきたい仕事に気持ちよく就ける業界を目指します。

7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに

太陽光発電事業や風力発電事業の利用を通して、再生可能エネルギーの普及や活用に努めます。
太陽光発電を住宅にとりいれ、ゼロエネルギー生活の実現を目指します。

8:働きがいも経済成長も

すべてのスタッフが快適に働ける場であるとともに、すべてのスタッフが技術の向上に努められる場であるよう努めます。
働きがいのある職場、持続可能な経済成長をしていきます。

11:住み続けられるまちづくりを

住みやすい街づくりは、住みやすい住宅づくりからを念頭に、建築を通して、地域の活性を目指します。

12:つくる責任つかう責任

建築に携わる会社として、建てた住宅に責任を持ちます。
建てられた方のアフターサービスに努めます。
住宅を建てる会社として、合法木材を使用することで過剰・異常伐採を防ぎ森林の保護を促します。

14:海の豊かさを守ろう

異常な森林伐採を抑制することで、海を守る活動を推進しています。

海の保護活動について詳しくはこちらをご覧ください

15:陸の豊かさも守ろう

日本の森林資源、特に地元の森林資源を活用することで、運搬などにかかるエネルギーの消費を抑え、健全で持続可能な森林経営に寄与します。