更新中

お知らせ

  • 有限会社ダイシンビルド
  • 〒574-0003 大阪府大東市明美の里町3-4
  • TEL:0120-707-775/FAX:072-862-2950
  • 定休日:水曜/営業時間:09時~18時

スタッフ紹介Staff

    • 代表

    • 清水 一人

    生まれも育ちも大阪の生粋の浪速っ子です。夏も冬も快適に暮らせる高断熱高気密住宅を、関西の地に普及させたく日々精進する間にあっという間の時間が過ぎました。工務店が行うべき家づくりは、家を建てるのが目的ではなく、気持ちよく暮らすためのお手伝いをさせていただくことだと思っています。若いスタッフも増え、付き合いの長かった大工も社員になってくれました。スタッフと共に、これからもこの地に相応しい「気持ちのいい空間」づくりを行いますので、どうぞよろしくお願いします。

    • 設計

    • 岡村 昌典

    物づくりに興味があり、始めは大規模な建築を、部分だけじゃつまらないと一つ一つに向きあえる住宅へ進んできました。設計の奥深さ感じ、日々勉強です。 家に帰ると二児の父です。まだ小さい子どもですが、色々なことに驚かされます。 勉強になることもあり、一緒に遊ぶと楽しいです。 大阪出身ですが、笑いが下手で、社長のボケを上手く返せないのも悩みです。 ダイシンビルドでは、住みながらも経年を楽しめる家づくりができるのも魅力に感じております。

    • 設計

    • 有山 真名美

    空間心理学に興味を持ち建築の道へ。 空間が人間へ与える影響を意識しています。 長野県出身。趣味は愛犬のまる(トイプードル)と公園へ行くこと。 好きな建築家は吉村順三。ダイシンビルドにしかできない世界に一つの素敵なお家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

    • 設計

    • 森岡 日菜子

    古い建物が好きです。長い間手入れされてツヤツヤな床や、そこでの人の暮らしぶり、大きく育った緑が家を覆うような姿に魅力を感じます。 これから建てる新しいお家が、時間が経って古くなるほど、魅力が増して愛着が溢れるような、そんな家作りのお手伝いができればいいなと思っています。 好きなジブリ映画は「耳をすませば」、 好きな場所は鴨川の上の方、 最近、スパイスカレーにはまっています。

    • 設計

    • 豊田 洋介

    大阪市平野区生まれ、香川育ち。 中高は空海の誕生の地に住み、五重塔の近くで、美味しいうどんを食べて育ちました。 幼少期にLEGOで家を作り出してから、建築の世界に入ろうと考えていました。空間と空間の繋がりを考えるのが好きです。便利になった世の中ですが、五感を多く使うものに価値を感じています。 ダイシンビルドを通して、最高の家づくりのお手伝いをさせて頂きます。 趣味は建築巡り、服作り、音楽、弓道、料理、猫カフェ、旅行。好きな建築家は村野藤吾。

    • 大工

    • 福井 善行

    父親が大工で、子供の頃は現場が遊び場でした。学生になると仕事を手伝うようになり、そのまま建築の道へ。学校卒業後、伝統的な大工技術を身につけるため、4年間四国の木造住宅をつくる工務店で修行を積み、24歳の時に大阪で独立。つい最近まで一職人としてダイシンビルドと付き合っておりましたが、20年の時を経て社員になりました。高断熱高気密住宅を手掛ける大工はたくさんいますが、理論から理解し応用のきく家づくりができる大工はほんの一握りしかいません。そんな一握りの大工の一人として、社長の理想と理論を詰めこんだ、お施主さんの心地いい暮らしを叶える高断熱高気密住宅を形にしていきます。

    • 現場監督

    • 廣瀬 誉

    小学3年の時、父の友人の設計事務所に遊びに行ったのが、 初めて建築に触れた瞬間でした。 人に影響を与えられる建築に興味があり、 大学で土木を大学院で建築を学び、設計事務所に就職しました。 住まう人ともっとかかわりたくて工務店に転職、現在に至ります。 家や家づくりを知っていくと、 人の目を惹く優れたプランやかっこいいデザインが 目には見えない安心の上に成り立つものだと気が付きます。 家づくりにかかわる人・素材・計画・性能…、 いい家づくりにはそれらの安心が必要不可欠です。 ダイシンビルドとつくらせていただく家には、圧倒的な性能がベースにあります。 私の存在が、性能と同じくらいに安心できる要素になれればと思い 家づくりのお手伝いをさせていただいております。

    • 事務

    • 嶋田 純子

    事務全般・補助金及び申請関係の業務をさせて頂いています。
    プライベートでは、そこそこの年齢の息子2人の母親をさせて頂いています。(笑)
    建築の知識はなくても、お施主様に一番近い存在でありたいと常に心掛けています。
    なかなかお会いする機会は少ないかもしれませんが、 末永くよろしくお願いします!!