快適な暮らしを実現する断熱

ダイシンビルドの家では本当に暖かい家を⽬指します。
屋根には最低でも210mmの断熱材をして2階の部屋でも暑くなりません。
窓を開けると⾵が通り快適な暮らしです。
もう冬の寒さも夏の暑さも過去の事です。
関⻄の地に合った私達に丁度いい⾼断熱住宅を⽬指します

暖かいお家は体に優しい

「家の中が暖かいので、冬の朝に布団から楽に出られます」
「⽑布は要らなくなりました(笑)」
「⼦供が⾵邪をひかなくなりました」
「脱⾐所から急いでお⾵呂に⼊る事も無くなりました」
「家に帰るとフワァと暖かくホッとします」等々・・・弊社の住まい⼿さんの冬の感想です。
実際に住まれると今までの家とは違い、気持ちが楽になります。
ヒートショックの⼼配もなくなり⼦供の⾵邪ひきも減ります。
何より暖かい家は「気持ちまで暖かくしてくれる」のです。

涼しい家も体に優しい

夏の暑さも高断熱高気密住宅の前では過去の事です。 「全館冷房が凄く⼼地いいです。クーラーの⾵も当たらずに家全体が涼しくなってます」
「私達は夏場はエアコン無しで暮らしてます」
「夜中に暑くなり寝苦しく起きる事も無く、朝まで眠れます」等々・・・弊社の住まい⼿さんの夏の感想です。
屋根、天井には分厚い断熱材を⼊れる事により暑さも無くなりました。
全館冷房により夏場のエアコンの⾵も直接⾝体に当たる事がなくなり快適です。
暑い関⻄の夏を快適に朝までぐっすり眠れる快適な暮らしは⾝体にやさしいです。

驚きの光熱費を実現

北海道で始まった⾼断熱住宅は元々は暖房費削減が⼀番の⽬的です。
⾞では燃費を良くする事を⽬指しますが、家でも燃費を良くして冷暖房費の削減が出来ます
弊社の住まい⼿さんの感想です。
「マンションで住んでた時より冷暖房費が安くなった」
「夏で 3,000 円、冬で 4,000 円ぐらいで快適です」
「我家は光熱費が安いうえに太陽光発電もしてるので、毎⽉がウハウハで(笑)」等々・・・年々エネルギーの問題は増えており、冷暖房費は上がる⼀⽅です。
これから先の出費を考えても高断熱高気密住宅が最適です。

関⻄の地に合った丁度いい⾼断熱住宅を⽬指しましょう

弊社はどうすれば「関⻄で⾼断熱住宅がどうすれば根付くのか?」これを会社のミッションにしてきました。
北海道のような壁に 300mm、屋根には 500mm 断熱をするのでは無く、この地域で丁度いい断熱住宅を考えてます。
⼤阪の気温は、夏は平均気温が29度前後、冬は平均気温が5度前後です。
⼤阪に合った⾼断熱住宅で将来的にも不安要素も無い暮らしを実現します