構造

材料・素材については安全・安心な物、工法は科学的評価があるものを採用して性能とコストをバランス良く考えています。
全棟構造計算をする事により耐震等級3の安全性を確保します。
一棟一棟構造計算をしてプランに対するベストな構造を造ります。

基礎構造について

・地盤調査・地盤改良

地震大国日本では地盤の状態は建築物にとって非常に重要な要因です。
全ての物件に地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を行います。
調査結果により必要に応じて地盤改良工事を行います。
全棟地盤保証が付きます。

・BIOS保証書

土地の価値(地盤、ロケーション、地域緑化などの観点)と建物の価値(家歴、断熱、構造などの観点)を一体的に捉え、情報の開示ならびに品質保証サービスなどを通して、住宅不動産の資産価値を保全・保証する活動を行うBIOSの地盤保証です。
昨今、長寿命で環境に配慮した住まいのニーズが高まってきています。
セメントゼロのオーガニック地盤保証BIOS[ビオス]は、そうした次代のニーズを見据え、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についても確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証します。

詳しくはこちらをご覧ください

・地盤調査報告書

全戸地盤報告書を作成しています。

基礎について

・基礎

ベタ基礎が基本です。
底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。
家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので布基礎の欠点である地面から上がってくる湿気や、シロアリの侵入も防ぎます。

標準は 底板の厚み150㎜/基礎の立上り150㎜

・スラブと立上りは一体構造

一般的には基礎の底板と立上りを2回に分けてコンクリートを打ちます。
弊社では底板と外周の立上りを一体にコンクリートを打込む事により打継のないより強固な基礎にします。
打継がないためシロアリや止水面にたいしても有効になります。

木構造の構造について

2階建

木造軸組工法(在来工法)により合理的で高品質な構造にします。
オール4寸の国産の無垢材を主構造にしています。
105mm×105㎜で隅柱(家の四隅)や通柱のみ4寸(120㎜×120㎜)で施工するのに比べて強度、施工性が数段上がります。
昔、農家さんの家は100年もつようにつくられていました。
ダイシンビルドも昔の農家さんの家のように、⾧期に保てる構造になっております。

3階建

木造軸組工法(ピン工法)を採用します。
2階建てに比べて構造計算も複雑になり強度、コストの両面を考えピン工法にて施工します。