更新中

お知らせ

  • 有限会社ダイシンビルド
  • 〒574-0003 大阪府大東市明美の里町3-4
  • TEL:0120-707-775/FAX:072-862-2950
  • 定休日:水曜/営業時間:09時~18時

お家の安心保証 瑕疵保険って・・・

お家を建てる時に検討したい内容の中に設計デザイン、予算、担当しくれる方との相性等々・・・いっぱい考える事はたくさんあります。
その中でも保証制度を気にしてる方も多いと思います。当たり前ですね。
その一つの中で重要視されてるもの・・・瑕疵保険があります。
平成21年10月に瑕疵担保履行法により全ての新築住宅事業主が入るのを義務化された瑕疵保険。
瑕疵とは建物が本来備えているべき品質や性能を欠いている状態の事で簡単に言うと、欠陥・キズモノといった意味になります。
但し、瑕疵の対象は住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分となります。

お客様の新居で居住から10年以内に瑕疵が見つかった場合建てた建築会社に修理の申し出が出来ますが、でも倒産してしまったら・・・
住宅所得者が保険会社に直接請求が出来ます。

本当なら瑕疵というものが無いように建てないといけないのが当たり前だとは思いますが、それでも瑕疵が発生している事例もあります。
そんな時の瑕疵保険です。

只、お家を建ててから10年以内に瑕疵の対象となる部位になんらかの工事、もしくはリフォーム等を行った後に瑕疵が発生した場合、 対象から外れる事があります。
最近は省エネ住宅のために太陽光発電を後から載せるという事もあります。特に建てた工務店以外の業者さんにお願いする場合は十分気を付けていただく方が良いですね。
建てた後も安心・・・となるようなお家づくりにして下さいね。
そしてその後の維持管理も大事になる事が分かるように維持管理のコラムも合わせてお読み下さいね。

住宅ローンを組む際の保険の見直し

マイホーム購入のための住宅ローン。
教育資金や年金制度、金利や税制まで考慮した総合的な資金計画は立てられていますか?
そんな時、必ず出てくるのが保険の見直しです。

家計が圧迫してきた時、毎月のローンの支払や教育資金を抑えることはなかなか難しく、保険を解約してしまう方が多くおられるのが現状。
保険にも積立型や掛け捨てタイプ、年金型など様々ですが、どちらにしても途中解約というのは何かしらの損が出てあまり望ましくありません。

住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入する事になります。
一部の住宅ローンは任意のものもありますが、ほとんどの金融機関は加入を条件としています。
「団信」と言われるこの保険は住宅ローンを組んだ方が死亡、または高度障害状態になった際に、その保険金でローンの残金額が完済される仕組みの保険です。

現在は住宅ローンだけでなく、リフォームローンや自動車ローンにまで団信を付ける事が出来る商品が増えてきています。

住宅購入以前から他の生命保険に加入されていた方は重複している保障がないかをチェックする事が必要です。
死亡保障を手厚くする必要がなくなり、保険料をグッと抑える事が出来ます。
ここを見直すことで届かないと思っていた夢のマイホームを現実に変える事も可能になってきます。

ただし、団信では保障されない教育資金や生活費、医療費などは備えておかなければなりません。病気やケガで働けなくなった時、毎月のローン返済が困難になる事がないよう、やはり保険には加入しておかなければなりません。

いくつか例えますと、お子様の教育資金、幼稚園から大学まで全て公立で700万円~800万円。全て私立で2000万円を超えるとされています。
また、日本人の死因第一位の「がん」は現在3人に1人がかかると言われており、がん保険単体の商品も数多く出ています。

隅から隅まで保険の内容を理解している方はごく一部です。
そして、住宅は人生で一番高い買い物と言われています。

住宅ローンを組む際は家族全員が安心して楽しく過ごせるための、資金計画と人生設計が必要です。

お家の維持管理 戸建住宅修繕積立金って?・・・②

修繕積立金の事をもう少しお話致します。
マンションには必然的に修繕積立金が徴収されます。マンションの将来の修繕にかかるコストをマンションの所有者の皆さんで積み立てていこうというものでマンションの共用部に限られたメンテナンス費用の積立で専用部は含まれていません。
多分、お家を建てようと思われる方なら戸建て、マンションどちらにしようかと悩んでる時に検討される内容のキーワードに入ってくる一つだと思います。
戸建てにされるという選択肢の方の中に、毎月支払う費用負担(ローンを含めて)で真っ先に修繕積立金の徴収が必然的にないからという事も。
でもそれってほんと・・・???

国交省の発表では、約35年間の自宅修繕費の平均費用は556万円という統計もあります。
えーー!っと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

先のコラムにも記載しましたが、普段のお手入れ掃除だけで住まいの健康チェックはお客様の方で十分出来ます。
さらに建てた工務店の定期的な点検等で専門的なところのチェック。
補修の必要なところをそのままにせずに傷が小さいうちに補修をされる。
お家もお客様のお体のように健康チェックが必要です。
工務店はお家の主治医になれます。
お家の寿命を長く、少しでも資産価値あるものにしていただきたく、そんな風に家づくりの時から考えてみませんか?

修繕積立金はお客様の利用目的のない手持ち資金を一括で、または長く積み立てる事で無理なく修繕金を積み立てる事が出来ます。

是非、検討して下さい。

お家の維持管理 戸建住宅修繕積立金って?・・・①

お家を建てるお客様とのお付き合いというのは、お問い合わせからご縁が始まりそこから長いお付き合いが始まります。
一生に一度の住まいですからね。
どんな敷地でどれくらいの資金で、ローンはどれくらい?どんな設計プランで・・・。
一喜一憂しながらお客様との住まいづくりが始まります。
いろんな事を相談・話し合いしながら長かった住まいづくりが完成した時はお客様にとっても工務店にとっても一番喜べる瞬間なのかもしれませんね。
でも、実は工務店はそこからがお客様とほんとのお付き合いがスタートするのかもと思います。

弊社はまず契約させて頂きましたお客様には住宅長期支援センターさんの登録住宅いえかるてをWEB上にアップします。
確認申請書類、図面、現場写真等々。大事な書類を登録します。このいえかるての目的は改めてお話ししますね。
その情報から、半年、1年、2年、3年、5年・・・10年の点検を定期的に訪問させていただいております。

半年~3年点検頃までは特に大きな修繕、補修等はないのですが、5年点検頃からちらほらと補修があるかなという時期になってきます。
それでも皆様大事に住んで下さってますので大きな修繕はありませんが、10年点検頃は経年劣化による補修の必要が出てきます。
その頃にはお客様のライフスタイルの変化も出てきますのでリフォームやリノベーションをお考えになる方もいらっしゃいます。

お家の維持管理というのは、日常の生活においての日頃のお手入れ、掃除からでも維持管理出来ています。
しかし長い年月と共に経年劣化という避けられない劣化も発生してきます。
生活に支障がないものならほったらかしにして良いのかどうか?
そんな事はなく少しづつお家の価値は下がってきます。
そんな時のために戸建ても修繕積立金をしていく必要が実はお家を建てた頃から考えないといけないはずなんです。
子供の為の積立金、将来の色んな事に備えての積立金等々・・・でもお家のためだけの積立金???とならないように当たり前のように考えていただければと思います。