Q1住宅 暖房費を計算してみました!

今日も寒いです。

明日、明後日はもっと寒くなって雪マークがあります。

また降るのですかね( ̄ー ̄;

 

そして今日はお客さんの質問でQPEXで実際の

暖房費を出してみました(^∇^)

私達、新住協で使うソフトです。

これで今回のQ1住宅モニターさんの断熱仕様を入れます。

屋根 高性能グラスウール16K  210㎜+105㎜

外壁 高性能グラスウール16K 120㎜+50㎜

樹脂サッシ

一種換気

計算をすると

こんな感じに表示になります。

Q値 1.239 Ua値0.42

エアコンのCOPを少なめの3にしています。

電気消費量暖房で3.18kwh/㎡です。

これを120㎡にすると3.18×120=381.6kwh

これと次世代基準120㎡モデルは36.65kwh/㎡です。

36.65×120=4,398kwhです。

これを同じ条件のエアコンCOP3で計算します。

4,398÷3=1,466kwhになります。

これに電気代を掛けます。

電力会社により違いますがとりあえず

28.5円/kwhで計算してみます。

 

今回のQ1住宅モニターの場合は

381.6×28.5=10,875.6円

そして次世代基準では・・・

1,466×28.5=41,781円

年間の暖房費になります。

その差は30,905.4円です。

約74%ダウンになります。

これが私達の目指すお家の暖房費です。

 

暖かくストレスの無いお家で尚且つ

暖房費がこんなにも削減されます。

もちろん24時間暖房での費用になります。

 

是非Q1住宅の住まい手モニターになって

暑さ、寒さから解放され

省エネなお家に暮らしてみてください。

 

応募はこちらからです(^^)

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す