床暖房は高断熱住宅には要りません!

今日はY様が

事務所にご来場になりました。

有難うございます。

今日は打合せで話していましたが、

「高断熱住宅で床暖は要りますか?」

「高断熱住宅は要りませんよ!」

と、答えました。

Y様はよく勉強してますので、

その通りだと思います。との嬉しい返答がありました。

img_title03_zu.jpg当社のホームページに書いてる通り高断熱住宅は

床の表面温度も下がりません。

断熱をしてるので当たり前です。

これが、断熱・気密の施工が悪いと普通に床表面温度が低くなり

天井付近が温度が高くなり不快になります。

 

高断熱が売り物の〇条工務店は床暖房が標準の設備で

付いてるそうですが、

当社は床暖房が無いと寒いと言ってるみたいです。

 

当社では一度だけ床暖房を採用しましたが、

2年の間に3回ほど使っただけで

後はまったくの不要だったそうです。

もちろん、私は反対しました・・・!

 

床下エアコンはいいと思います。

理想的なのは床下温度23度 床表面温度 20度 室温 18度

ぐらいで充分だと思います。

私は寒がりなのでもう少し暖かい温度になってますが・・・

気持ちのいい暮らしが目標なので

過度の冷暖房も極力避けたのを

いつも提案できるように頑張ります。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材住宅 省エネ住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す