屋根300mm断熱の実力です。

DSC_0181.JPGDSC_0175.JPG今日も暑かったです。

京都の現場で

温度測定をしました。

 

時間は

12:30頃です。

屋根の上では

55℃になっています。

屋根下の2階の

天井部分が

27℃です。

 

分かってはいましたが

凄い結果です。

温度差が

28℃ちがいます。

ちなみに、

外気温度は35℃

部屋の中の壁は

25℃でした。

 

現場の大工さんも

仕事が楽だと

言っています。

 

これが300mm

断熱の実力です。

使ってる断熱材は

高性能グラスウール16Kです。

 

おそらく、この後14:00から16:00

ぐらいがピークの温度になると思います。

 

夏対策は、屋根断熱の厚みで凄く変わってきます。

施工の精度もみんな慣れてきたので

断熱材の実力も出せると思います。

 

I様断熱施工は上手くいってますので安心してください。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す