QPEX3.40 届きました!

机の中を整理していたら
懐かしいのが出てきました。
{FD7E6ED8-5A45-4D17-BD2A-F3DE82BA051A}

昔に硝子繊維協会が現場に来ていただき

皆んなでグラスウールの断熱材の
施工を習いますした。その時の終了証です。
もう8年経ってます。
何回か施工をして自信もついてから受けました。
この時は大工さんも呼んで一緒に受けました。
懐かしいです(^^)
この頃は高断熱住宅の
この字もまだ出てない頃です。

そして今日はQPEXの新しいバージョンが

届き早速試してました。
{6ADB53D4-6230-4E3A-83EE-03198E5FDC6A}

もう3.40になってます。

このソフトは新住協が使ってる
温熱のソフトです。
分かりやすい言うと冷暖房費の
シュミレーションをするソフトです。
断熱材の厚みや窓の種類を入れると
年間の冷暖房費が分かるようになってます。
{BACAC095-17B7-4D70-9821-B199F5010614}

後は私達

実務者にとっては
認定低炭素住宅や長距離優良住宅等の
各申請関係のさいにも使います。
{36D5EE56-1BFA-4FAD-B886-0B676AB1CBED}

今回は一次エネルギーの

ウェーブプログラムにも読み込みが
できるようになってます。
凄~いです(^^)
本当に使いやすいです。
高断熱住宅は設計、施工と
シュミレーションも大切です。
このソフトがあると
断熱材の材料と厚さで分かります。
だからどの断熱材がいいとか
外断熱がいい、充填断熱がいいとの
話にもなりません…
まぁ 今は外断熱+充填断熱の人も増えました。
これもソフトがあると簡単に説明ができます。
高断熱住宅を建てらるのなら
最低限どこかのシュミレーションソフト
を使ってるのが条件ですよ(^^)

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す