Qpex遊びです!

今日もいい天気でした!ご飯の旨い季節です!!

先日、お客さんからの問い合わせで
「家の方角が南面以外の場合は暖房費が上がるのか?」
いたって素朴な質問がありました。
大阪や神戸等の市街地では
必ず南面が空いていて日射取得があるとは限りません。
それでQpexを使って計算してみました。
気象条件は豊中です。延床は120㎡約36.3坪です。

Q値が1.91です。隣のお家までの距離ですが
南面10m西面3m北面6m東面3mです。
同じ条件でお隣さんのお家までの距離を変えます。
南面1m 西面10m北面1m東面1mです。

どうですか?!
お隣までの距離が1mぐらいのお家は市街地には
いっぱいあります。
南面があると暖房費は年間3557.1kWh冷房負荷2935.5kWh
西面だと   暖房費は年間5159.0kWh冷房負荷2735.1kWh
暖房費はえらく上がってます。冷房費は少し下がりました。

少し断熱性能を上げてQ1住宅レベル2ぐらいにすると

相当下がりました。(南面が空いてる条件です。)
Q1は1.33です。
また同じようにお隣が1mで西面が10mの条件にしました。

Q1住宅から脱落です。
やはり太陽の力は偉大です(笑)
南面があると暖房費は年間1508.1kWh冷房費2467.5kWh
西面だと   暖房費は年間2961.6kWh冷房費2117.5kWh

ちなみに次世代省エネルギー基準の場合は
南面があると暖房費は年間5490.0kWh冷房費3285.6kWh
でした。
次世代省エネルギー基準に比べると断熱性能を上げると
全然ランニングコストが違うのが良く分かります。
(この低い基準では弊社は建ててません)

この次はこれにかかるコストを時間のある時にします(笑)

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す