現場での打合せ

今日は、泉大津市のI様邸へ行き着工の際

まだ未定だった、収納や棚の打合せです。

 

私は見てるだけですが、監督と施主さんと詳細

の打合せをしていました。

カウンターの幅などは、上棟のあとのほうがリアルに

分かるので当初はプランぐらいです。その後に現場で、

確認して決めていくほうが間違えが少なくなってきます。

現場での打合せをする事により図面では分かりにくい事や

勘違いを無くす為にも大事な作業です。

 

今日の時点で断熱工事は終わり、あと気密シートとテープ

で気密工事をしていました。

これが終わると、大工工事は造作に入ります。その後

仕上の工程があり、大工工事が完了です。

大工工事は工程では12月中過ぎまでですが、順調よく

今のところ進んでいます。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す