フランク・ロイド・ライト

今日は設計(プラン)の勉強会の資料を造ってました。

色々と現実的なプランを用いて説明をする予定ですが

写真を色々と見てると

昔に明治村にフランク・ロイド・ライトの帝国ホテルを

見に行った写真が出てきました。

工務店仲間と一緒に行きました。

フランク・ロイド・ライトはアメリカの建築家で

ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエ

とともに近代建築の3大巨匠の一人です。

明治村には帝国ホテルが一部移設して保存されています。

中に入るとそこはいい空間の始まりです。

そしてこの天井高です。

天井の低さを感じさせないのが天才なんですね。

低いので横に広がり広く感じます。

吹抜けがあって天井が高い場所もあり、低い場所もありです。

ライトの有名なのはプレリーハウスや落水荘です。

プレリーハウスのプレリーとは平原の意味です。

自然と一体となり低い安定したデザイン

低く抑えられた屋根による水平線のデザイン

いいデザインですね。

最後に記念にライトさんの写真があったので…

こんなミーハーではダメですが…

やっぱりいい建築は時間を超えてもいいです。

凡人の私でも少しはそう思いました。

ライトの作品が見れるのは

東京 自由学院明日館、芦屋市 ヨドコウ迎賓館

そして明治村の帝国ホテルです。

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪を中心に滋賀・奈良・京都・阪神間で高断熱高気密を専門とした注文住宅を建てている会社、ダイシンビルドの代表清水です。 ブログのコメント欄でも質問頂けるので、気になることがありましたらお気軽にご質問ください。