地域にあったお家とは!

先月に北海道札幌に

新住協の総会に出て
北海道のお家を見ました。
{90CA5AB9-838D-4F48-A9D1-F7A967720E97}

雪の通る道があり

隣地に雪を落とさないような造りになってます!
そして先日に町の工務店ネットの総会で
鹿児島へ行き鹿児島のお家を見ました。
{131DDF4C-53E0-4752-873A-24E74F3F6901}

雪の感覚は無く

むしろ激しい雨風の為の屋根に見えます。
そして窓は北海道では
{CB24525D-3F4B-4675-B9EE-A15879F2375D}

分厚い断熱材が入っているので

外壁より中側に設置されてます。
ここは新住協の工務店なので
壁が300mmなので窓周りがこんな感じです。
南面は日射取得熱をとるため
外壁と同じラインになってます。
そして鹿児島では!
{EDE0C852-CE41-4054-8C6C-375AD9BCBE00}

やっぱり庇があります。

直接、
雨が当たらないように
軒・庇があります。
断熱材は外張り断熱で45mmです。
やっぱり違います。
こんな感じに地域によって
家は変わります(^^)
北海道では○条工務店さんは寒いらしく
鹿児島ではおそらく必要無しだと思います。
関西でちょうどいいお家?
{0FE7402B-1A26-429B-9CB0-63A28F42E677}

里山住宅博の堀部先生設計

ヴァンガードハウス!
どうなのか?
分かりませんが
それが課題になります。
お家は何棟か合わせて街並みになって
それがその地域の風景になります。
自分だけの好みで派手な外観をする
利己の家ではなく
周りと調和をする利他な家を考えたいです(^^)
これができれば
京都のような揃った街並みになって
地域にあったお家になると思います。
北海道と鹿児島のお家を見て
やっぱり風景になるお家がいいと思いました。
答えを出すのはなかなか難しいですが
これが建築だと思います。

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す