家は手仕事です。

京都I様邸大工さんのお仕事です。 

PA110020.JPG

のみで床材に溝をついてます。 PA110021.JPG

ばっちり、溝にレールが納まります。

PA110026.JPG

かんなで造作材を仕上げています。

大工さんが、かんなで仕上げた木材の表面はほんと綺麗です。

のみも、かんなも使えない大工さんいっぱいいてます。

ハウスメーカー系の大工さんは、工場で加工された

材料しか使わないのでのみ、かんな使えない人が多いです。

業界では、その人たちをOOハウスのだいく(大九)ではなく

大五と呼んでます。

丁稚の見習いを大一(ダイイチ)で、棟梁は大九(ダイク)です。

 

ハウスメーカーの家なら大五(ダイゴ)で十分です。

プラモデルみたいに作ってます。

 

私は大工さんに家を造ってもらいたいです。

家はやっぱり手仕事がいいです。

温もりが全然違います。家に帰るとホッとしたいので・・・

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す