エネルギーについて

先日の地震の研修に行ったときに、

聞かされました事が今日なにげなく

施主さんと話していました。

 

原子力発電の事ですが、

この事故の後は、さすがに関西電力も

オール電化のCMがいまだに流していません。

光熱費に関しては、オール電化は安くなります。

しかしここらが、潮時なのではの感じはあります。

 

ガス対電気みたいな構図で、

ここ何年かTVのCMでやっていましたが、

これもそろそろ終わり、

いかに自然エネルギーで賄えるかの時代に

変わっていくような気がします。

 

住宅においては、いかに少ないエネルギーで

快適に過ごせるかを考えるようになっていくと思います。

東京で今年の夏エアコンの使用が出来なくなると、

どうなるのか想像できません。

 

私は去年の夏は、エアコンなしで寝れてましたので

問題はないです。

屋根の断熱材の厚みを吹込みGW184mm

熱の抵抗を4.6で設定してそのうえ必ず、

通気をさせるとほぼ屋根焼けはないです。

よく屋根の下の階は暑くて寝れなくなりますが、

これぐらいで設定すると大阪では、

夏場でも快適になります。

間違っても、トレードオフで105mm

にだけしないようにしてください。

ぜんぜんダメです。夏場余計に暑いです。

 

とりあえず、エネルギーをあまり使わないで

すむ家を建てないと光熱費は必ず年々上がります。

原油が上がるので当然です。

年金は下がりますので、考えないとね。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す