地震に強い家 2

今日は阪神大震災より15年目の日です。

被災各地では、追悼と慰霊の様々な催しが

おこなわれ、追悼式典を報道で見ました。

 

建築を携わる者として、耐震性の高い建物

は机上論では終わらせずに施工者として、

確実な施工をする事で建物の耐震性を確保

することに努めないと改めて思います。

 

以前に、構造金物の破壊検査のDVDを買って

今日も改めて見ましたが、120?ぐらいの家で

約1000個以上の金物が取付る事になります。

 

数は多いですが、金物の種類はそんなにも多くない

ので、施工はしやすくなっています。釘の種類・取付位置

などの単純な間違えでの金物の破壊検査を見ていましたが

こんなにも変わるとは、誰も思わないような内容です。

 

やはりOO工法とかに頼るのではなく、確実に施工するのが

地震に強い家になる近道だと思います。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す