高断熱住宅について5

高断熱住宅について5回目です。

見学会を通して感じた事ですが、来場の方

は本当に暖かい家を体感していただく事ができました。

 

そこで、来場の方の意見として、省エネだから

良いとかCO2削減になるから良いと思うより

やはり、家の快適性を望んで高断熱住宅にしたい。

との意見が一番多かったと思います。

 

私もそのとうりだと思います。

高断熱化にして、少ないエネルギーで家の中

全館を暖かくすると、どこに行っても寒くない。

そうする事によって脳卒中やヒートショックなども防げます。

 

部屋の上下の温度差が少ないのでエアコンをつけて

足元だけが冷えるような感覚にならなくてすみます。

 

高断熱化にする事により家の快適性の確保

と住まれてからの冷暖房エネルギーの削減により、

結果として省エネとCO2の削減になります。

これからは環境負荷のことも考えた家づくりを

しないと、そんな時代だと思います。

安ければいいとかではないと思います。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す