床下エアコン!鎌田教授と現場打合せ no2!!

昨日のブログに引き続き

床下エアコンの測定の打合せです。

2件めは、奈良のT様邸です。

急に連絡を取りましたが快く引き受けてくれました。

ここの床下エアコンは上手く機能しています。

IMG_2146.JPG分かりにくいですが吹き出し口です。

ここから冷房が出てきます。

ガラリからも上手く冷気が出ていました。

とてもいい感じです。

 

しかし、ここの家の人は私と同じ住み方です。

エアコンをつけてません。

「エアコンなしでも快適に生活が出来るのに

何故エアコンをつけないとダメですか?」

返答に困りますが、本質です。

 

高断熱住宅で窓の日射遮蔽をきちんと

おこなうと熱が入らないので涼しく

窓を開けるだけで充分快適な生活です。

しかし今回は実験なので

「壁掛けエアコンをつけて体に直接冷気が

あたるより、床下エアコンで冷気があたらないほうが

快適に過ごせるのでは?」

と、話をしてると実験のためには協力します

しかし、エアコンなしで充分ですとの回答です。

 

そーんなんです。

基本、夏場はエアコンなしでも大丈夫です。

しかし、年に何日かエアコンをつけるとすると

壁掛エアコンか、床下エアコンの

どちらが快適なのか?

 

家の中に13個から15個の温度計を設置しています。

9月末頃までには回収予定をしています。

3ヶ所の家庭で測定をしているので生活スタイルや

家族構成などにより住み方が違いますので結果が楽しみです。

なにより室蘭工業大学の研究室でどのような

判定をするのかも楽しみです。

今回のご協力頂いてる各ご家庭皆様には、有難うございます。

今後の家造りの重要な参考にさせて頂きます。

 

北海道の鎌田教授はエアコンなしで過ごしてるのは

非常に不思議だったと思います。

 

でも、これも現実です。実験なので本質論は厳しかったです。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す