Q1住宅・・・!?

昨日は新住協の研修でした。

同業者の人がずいぶん来られていて昔と違い

みんなやっと高断熱住宅に興味を持ってきたんだなぁ

と、思いましたが少し理解されてないのでブログで書きます。

Q1住宅とは

Q1住宅_001.jpg

もともと北海道で次世代省エネルギーに比べて暖房エネルルギーを1/2に

すると、概ねQ値が1になったのでQ1住宅とネーミングされました。

本州では次世代省エネルギー住宅に比べて暖房エネルギーを

1/4にするのがQ1住宅です。

 

なぜ本州では1/4なのかは・・・?

もともと本州などでは部屋ごとに暖房をしていて

全室暖房などはしていませんでした。

次世代省エネルギー住宅で全室暖房をすると

本州ではよけいに増えます。

これを以前の部屋ごとの暖房に

比べて約1/2の暖房エネルギーで全室暖房が出来る

のが本州ではちょうど

次世代省エネルギー住宅に比べると約1/4になります。

 

上の表で大阪はIVbBになります。

次世代基準では年間暖房エネルギーが661Lです。

Q1住宅では1から4があります

暖房エネルギーは以下の通です。

Q1-X Grade1では1/4    165Lです。

Q1-X Grade2では1/5    132Lです。

Q1-X Grade3 では1/10    66Lです。

Q1-X  Grade4ではゼロ     0Lです。

 

長く書きましたが、Q値の競争をしてるのではなく

本当の意味で暖房エネルギーを削減した

省エネ住宅を次世代省エネ基準の住宅より

坪約2万円のアップでできるように

設計・施工に工夫をしています。

 

その具体的な方法は次回にします。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す