屋根焼け防止!

今度の日曜日に

見学会が

ある京都の写真です。DSC_0055.JPG

屋根の下の部分です。

断熱材を入れる前に、

通気が出来るように

通気くんを入れてます。

 

軒や土台から

通気をさせて

屋根の一番

高いところで

空気を抜きます。

 

本来は屋根断熱なので、

棟換気はいりませんが、

暑さ対策のとして

空気層を作り暑い空気を

屋根の棟部分で抜いてます。

 

この下に断熱材を入れます。

今回は300mm断熱です。

これで、

屋根焼けが無いように

しています。

 

2階建ての2階や、3階建ての3階で

暑くて夏は居てることが

出来ない家は断熱材を入れると

全然違います。

慣れていない人が施工すると

結露の原因になるので、気を付けてください。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す