少し前のニュースです。

2020年までにすべての新築建物に

対して省エネ基準への適合を義務付ける

案を国が今年の11月12日に公表しています。

 

これは今までの省エネ基準は断熱が中心だったのが、

住宅設備や自然エネルギー利用などの総合的な基準

を検討しているらしいです。

 

断熱による省エネ基準は賛成ですが、また何処かの

メーカーが売込むために何かが動いた可能性は、

工務店なら感じています。

 

断熱性能を無視して、太陽光発電や住宅設備などで

誤魔化した住宅が出てきそうな予感がします。

 

まずは断熱で省エネをして、そのうえで省エネの住宅設備

をつけることが前提だと思います。

省エネの住宅設備を付けて家は隙間だらけだと意味のない

省エネ住宅になりますよ。

 

当社は、もう職人も慣れてきて普通にC値は1前後

になるようになりました。あまりC値を気にしなくても

気密性は出るようになりましたので、来年はさらに

いろんなことを考えて次のステップに行こうと思います。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です