新住協の総会!!

5月20日、21日、22日にNPO法人新住協の総会

で仙台まで行ってきました。

 

中身の濃い総会になっていました。

朝から晩まで、勉強でした。

室蘭工業大学の 鎌田 紀彦教授の説明で、

開口部(サッシ)に関する研究

基礎断熱の研究、新しいQ値計算のQPEXなど

これからの高断熱住宅の考え方や研究開発の結果でした。

 

あと、実践での問題点などを実際北海道や東北で

施工した現場で検証に進みました。

 

夜の懇親会は前回ブログに書きました

西方設計の西方さんや、岐阜の金子さんをはじめ、

会員の人とお話しをさせていただき、

改め断熱レベルの高さに驚かされてばかりでした。

 

22日の日には住宅見学コースとして、3軒見学しました。

屋根に300mm、壁に200mmの断熱材が入っている

実際の家を見ましたが、信じられないような内容です。

仙台で延床約40坪で、今年の冬の光熱費が12000円から

13000円(オール電化のためガス代はないです)です。

このぐらいの家を関西で建てるとほぼ無暖房で暮らせる家に

なります。性能の高さと品質の確かさを改めて確認しました。

 

でも、一番印象に残ったのは鎌田先生も話してましたが、断熱材

を入れただけで断熱性能が出るような誤解が無いようにしないと、

あくまでも、正しい施工があって初めて断熱性能が出せます。

真面目に施工して始めて省エネ住宅になります。

 

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す