付加断熱!!

今日も寒ーい一日になりました。

ここ最近の寒さの中
我家の高断熱住宅はQ値1.79と建てた当時は
大阪でもそれなりに高断熱住宅になっていますが
その後はQ1住宅もさせて頂きもっと断熱を強化
したら良かったと思います。
今は当時と違いサッシもいいのが出ています。
断熱も付加断熱をしたほうが絶対に良いと思います。
DSC_0087.JPGこれは通常壁の中に高性能グラスウール16Kが
110mmの厚さで入ってます。
付加断熱はこれプラス外側若しくは内側です。
この現場では外側に付加断熱をしました。
DSC_0051.JPGこの当時東日本大震災の後の為グラスウールが手に入らず
フェノバボードにて外側に付加断熱をしました。

そして内側に付加断熱する場合は
P7230001.JPG
写真向かって右側に高性能グラスウールが入ってます。
その上に白色が羊毛断熱材60mmです。
こんな感じに高性能グラスウールとプラスαにしています。
両方Q1住宅の性能になっています。
但し費用対効果を考えて優先順位を付けるとすると
1.サッシの性能を上げる。
2.一種換気にする。
3.付加断熱
の順番で考えてください。
「後悔先にたたず」で限りある予算の中で
どれを優先にするかを考えてたほうがいいと思います。

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す