グラスウールを使う理由です。

いつも施主さんと話していてよく質問されることがあります。

「断熱材は何を使われるのですか?」

「断熱材も色々と種類があってどれがいいのですか?」

と、ほぼ100%ぐらい最近は聞いています。

 

基本的に断熱材は高性能グラスウールを使うことが多いです。

その他希望によりセルローズや

付加断熱でウールやフェノバボードも使いました。

 

そのうえで、高断熱住宅の基本的な施工が分かっていれば、

断熱材の種類はあまり問わないと思います。

 

グラスウールを多く使う理由は・・・

1.値段が安価です。断熱材で私は断熱性能以上のものは

期待してませんので熱抵抗値と値段で考えるなら

圧倒的にグラスウールに勝る断熱材は無いです。

2.燃えない素材なので安心です。

グラスウールはガラスのリサイクル品なので燃えません。

ウレタン系の断熱材の家の話が

少し詳しく載ってますクイックしてください。

平成19年に山形県で実際にあった話です。

落雷により火事になった家です。

3.歴史が古いので失敗談がいっぱいあります。

どんな技術でも初めから上手くいくことは無いです。

グラスウールでの高断熱住宅は2000年以前に

北海道・東北での失敗例がいっぱいあります。

そこから改善をして今日に至ってます。

 

以上そんな感じです。

画像 009.jpg意味さえ分かっていれば、グラスウールになると思います。

時々、断熱材に断熱性能以外の事を求める人がいますが

私はあまりそれは気にしません。

 

それは醤油に醤油を期待せず、ソースにソース以外の

事を期待してるみたいなものです。

 

断熱材はあくまで断熱性能だと思います。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す