土質標本

地質調査 003.JPG右の写真は、

土質標本です。

今、計画現場で

地盤調査を

ボーリング調査しまた。

 

地盤の固さと

地質まで分かる

ようになっています。

今回10mまでの

地盤調査と

地質を採取して

標本にしています。

 

普段は、木造で建てる

場合は、スウェーデン式サウンディング試験
にて調査をしますが、鉄筋コンクリートや鉄骨などの建築物には、

荷重負担があるためボーリング調査になります。

今回は、RCの建築物と木造の家を建てる予定ですので、

家にはスウェーデン式サウンディング試験を、もう一度します。

 

ボーリング調査は土質まで分かりますので、粘土層や砂など

が分かるので、土地の液状化や土壌環境問題なども分かります。

 

何事も安心が最優先です。そのためには、適切な基礎設計の

ため地盤調査です。これは、建築物の特性だと思います。

すべて、現場で変わります。1棟1棟みんな違う条件のなか

造っていくのが工場生産物と建築の違いだと思います。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す