2017年最後の新住協 研修会

20171207 新住協関西研修会 1の画像

今年も12月なので色々と行事が重なってます。

5日(火)は新住協 理事会で仙台でした。

鎌田先生、新住協事務局、西方先生、北海道の須藤建設さん、北海道のホーム創建 安倍さん

岩手県 木の香の家白鳥さん、埼玉の夢建築工房 岸野さん、岐阜の金子建築 金子さん

そして私ですが凄いメンバーですね!

新住協の巨大組織の理事会なのでそれなりの面子になります(笑)

いまいち場違いな私ですが笑いだけは取れました(笑)

来年度の重点課題の技術・研修会・支部活動等の案を事前に聞いてましたので

それの承認をして今後の具体的な予定を話し合いました!

そして昨日は新住協 関西支部の今年最後の研修会です。

12月はやっぱり鎌田先生で終了です。

20171207 新住協関西研修会 1の画像

今回のテーマは

20171207新住協関西研修会 2の画像

基本をもう一度おさらいです。

20171207新住協関西研修会 3の画像 20171207新住協関西研修会 3の画像

熱の基礎知識です。

私達もいつもはQPEX等のソフトで計算をしますが

この意味が分からないと手計算は出来ません。

こんな感じで計算をして冷房エアコン、暖房用エアコンが何kwを決めます。

「家のサンエンス」です。

意味が理解できたところで施工編に入ります。

工務店はここをしっかり出来てなければダメです!

本当に関西で何社が正しい施工が出来てるのか?相当少ないと思います。

なので皆で学びます!今回も約70名弱です

20171207 新住協関西 研修会 5の画像

関西支部の勉強会を年に5~6回してますが

本気で何人の人達が実践をしてるのかはよくは分かりません(苦笑)

懇親会の2次会では鎌田先生はじめ数人なのでそんな話も出ました。

鎌田先生曰く1割もいてないと思う。私も同感でした。

正しい知識を得るのはそれなりに年数もかかります。

何回か施工をすると勝手に出来てる思ってしまいます。

本当はそこからが「奥が深いのですが…」

そんな感じで来年も新住協関西支部は地元工務店、設計事務所と

一緒に学んで行きたいと思います!

正しい設計と施工があって初めてうまくいきます。

皆さん!頑張りましょう!

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪を中心に滋賀・奈良・京都・阪神間で高断熱高気密を専門とした注文住宅を建てている会社、ダイシンビルドの代表清水です。 ブログのコメント欄でも質問頂けるので、気になることがありましたらお気軽にご質問ください。