屋根の断熱です!

今日はNPO法人 新住協の事務局会沢さんから

電話があり「関西の暑い夏はどうなのか?」

私は「暑いですよ」と答えた後に、

「まだまだ、夜間は冷房入れづで眠れますよ」

と、答えるとビックリしてました。

 

しばらく話をしてましたが、

私たちはいつも屋根の断熱材は

高性能グラスウール16Kを厚さ最低でも210mmいれてます。

それと空気層が30mmで通気をとってます。

暑い関西の夏は屋根の断熱材の厚さが肝心です。

昼間に屋根は70度近く上がります。

この熱を屋根の下の部屋に入らないように

断熱材を厚くします。

そして部屋に熱が入らないまま夜になると

放射冷却で屋根の温度を下げます。

これの繰り返しで屋根の下の部屋に

夏が終るまでの間

熱を入れないようにするのが重要です。

 

その他に通風、日射遮蔽等も考えないといけません。

暑い夏ですが、

快適に過ごすために高断熱住宅が最適です。

IMG_1884.JPG

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材住宅 省エネ住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

 

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す