エネルギー!

今日、凄く単純な質問を受けました。
「大阪は冬の暖房より夏の冷房を考えたほうがいいのでは?」

 

そろそろ暑くなってくるのでこの手の質問が多くなります。
しかし下の円グラフを見てもらえば分かります。
エネルギー.gif

 

財団法人日本エネルギー経済研究所(EDMC)/

 

エネルギー・経済統計要覧(2006年版)

 

 

 

 

 

暖房用のエネルギー27.1%にたいして、

 

冷房用のエネルギーは2.4%です。

 

普通に考えれば分かるのですが、

 

夏場の外気温が33度としても5度下げれば

 

28度です。充分過ごせます。

 

 

 

冬場は5度ぐらいの外気温で部屋の中は

 

せめて15度あったとしても温度差は10度です。

 

夜間は大阪でも0度近くになる日も多いです。

 

そうなると15度の温度差です。

 

単純に温度差が3倍に広がります。

 

 

 

暖房機の性能とエアコンの性能の事など、

 

書くときりがないのでここでは止めときますが、

 

これだけの温度差を埋めるためにエネルギーは

 

必要になります。

 

 

 

一番の疑問はこれだけ冬場のほうが

 

エネルギーを使うのに、

 

電力会社が今年の夏は電力不足になると

 

宣伝してる事です。

 

 

 

冬場のほうが家庭ではエネルギーを

 

使うのに・・・夏場に不足をする。

 

この不思議な話の真相は分かりません。

 

 

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

 

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す