ソーラーシステム「そよ風」

空調設備に頼りすぎず、快適に過ごす。
「そよ風」の夏と冬。

ソーラーシステム「そよ風」

そよ風の特徴

エアコンは、室内の空気温度を理想体感温度に設定する設備ですが、
「パッシブソーラー」は、新鮮な外気を快適な温度で室内に導入することができる、
体に優しいシステムです。

冬の日中


冬は日中の太陽熱を利用して金属屋根面で空気を暖め、ファンを利用して床下へ送り込みます。
基礎のコンクリートを暖めるとともに、床の吹き出し口から、暖かい空気を家中に送ります。
一般的に暖房がしにくい、トイレ・脱衣室なども床下を通じて暖められるため、家中の温度差が少なくて済み、移動にストレスが少なく一年中家が隅々まで使えます。
終用途の側から考えると、結構自然エネルギーでいけることがわかってきます。


冬の夜間


太陽が沈んだ夜間は、基礎のコンクリートに蓄えられた熱がじわじわと床から室内に伝わり朝まで室温の低下が緩やかになります。

夏の日中


最近は夏の暑さが年々厳しくなっています。
『そよ風』は、夏の昼間、不要な暑い空気を室内に取り込まず屋根の上で排気するため、小屋裏が熱くならずに済みます。
熱い空気を廃棄する前に熱交換をしてお湯を採ることも可能です。


夏の夜間


夜間は、放射冷却を利用して金属屋根面で冷やされた外気をファンを利用して床下へ送り込み、基礎のコンクリートに蓄冷しながら家の隅々に行き渡ります。

「そよ風」の特徴

システム簡潔・費用が経済的。

夏は涼しく・冬は暖かい小屋裏を部屋として使用できる。

大型の機械は必要なし。従来に比べ小屋裏が広く使える。

いつでも室内の空気が循環できる。

新開発高性能。小型・軽量・省エネ機材部材の採用。

工事・作業がスピーディ。

自然排気が可能。

設計計画が簡単。

小型で換算操作の制御盤。

自分達でできる、メンテナンス・機材交換。

みんなに身近な「そよ風」です。
ご質問などは、お気軽にお尋ねください。

「そよ風」についてのお問い合わせはこちら