高断熱住宅 この冬場の温度

枚方香里の実験ハウスの2月、3月の温度表を

アップしました。こちらを、クイックして下さい。

高断熱住宅の冬場はこんな感じです。

注目は2月4日6時の外気温度がマイナス0.8℃にたいして、

家の中は17℃以上です。

これは前の日の夜の暖房がずーと持続しているのが

分かります。もちろん寝るときは薪ストーブもかってに

消えています。

 

床下の温度が高いのはそよ風のおかげだと思います。

(そよ風の代用品でもいいと思います。)

室温がいくら20℃あっても床下が14℃ぐらいなら

足元が冷えます。このぐらい床下、1階、2階と温度差が

無いと体が楽です。

もちろん、洗面・トイレも同じような温度になっています。

このぐらい床下の温度があるとスリッパも要らなくなります。

 

それと、高断熱住宅に住んでの感想ですが

冬場の辛さがなくなり、体調がよくなるのは家の中の温度

が大きいと思いました。あと、光熱費も安く済みました。

 

高断熱・高気密 国産材 自然素材 長期優良住宅

大阪・奈良 リフォーム 注文住宅 ダイシンビルド

 

快適な暮らしづくりメールマガジン!ほぼ日刊です

ダイシンビルドでは無料のメールマガジン「快適な暮らしづくり」を発行しています。
高断熱高気密住宅の話を中心に、これから家を建てる方だけでなく、既に家を建てられた方にも役立つ情報です。
メールだからこそお伝えできる内容がいっぱいのメールマガジンです。
不要になりましたら簡単に解除できますので、安心してメールアドレスをご登録ください。

 メールマガジンご登録はこちらから

コメントを残す