お家の維持管理 戸建住宅修繕積立金って?・・・①

お家の維持管理 戸建住宅修繕積立金って?・・・①

お家を建てるお客様とのお付き合いというのは、お問い合わせからご縁が始まりそこから長いお付き合いが始まります。
一生に一度の住まいですからね。
どんな敷地でどれくらいの資金で、ローンはどれくらい?どんな設計プランで・・・。
一喜一憂しながらお客様との住まいづくりが始まります。
いろんな事を相談・話し合いしながら長かった住まいづくりが完成した時はお客様にとっても工務店にとっても一番喜べる瞬間なのかもしれませんね。
でも、実は工務店はそこからがお客様とほんとのお付き合いがスタートするのかもと思います。

弊社はまず契約させて頂きましたお客様には住宅長期支援センターさんの登録住宅いえかるてをWEB上にアップします。
確認申請書類、図面、現場写真等々。大事な書類を登録します。このいえかるての目的は改めてお話ししますね。
その情報から、半年、1年、2年、3年、5年・・・10年の点検を定期的に訪問させていただいております。

半年~3年点検頃までは特に大きな修繕、補修等はないのですが、5年点検頃からちらほらと補修があるかなという時期になってきます。
それでも皆様大事に住んで下さってますので大きな修繕はありませんが、10年点検頃は経年劣化による補修の必要が出てきます。
その頃にはお客様のライフスタイルの変化も出てきますのでリフォームやリノベーションをお考えになる方もいらっしゃいます。

お家の維持管理というのは、日常の生活においての日頃のお手入れ、掃除からでも維持管理出来ています。
しかし長い年月と共に経年劣化という避けられない劣化も発生してきます。
生活に支障がないものならほったらかしにして良いのかどうか?
そんな事はなく少しづつお家の価値は下がってきます。
そんな時のために戸建ても修繕積立金をしていく必要が実はお家を建てた頃から考えないといけないはずなんです。
子供の為の積立金、将来の色んな事に備えての積立金等々・・・でもお家のためだけの積立金???とならないように当たり前のように考えていただければと思います。