PRICE・FLOW・SPECIFICATION

費用・価格

注文住宅の価格はその住宅の仕様や性能、形や構造、そして土地の条件によって大きく変わります。
弊社では工務店として必要な広告宣伝費を抑え、営業マンではなく設計士と現場監督が直接お施主様とお打合せを重ねることで、コストを下げた高品位な住宅づくりを行っています。

2015年現在の平均的な価格は、施工面積 40坪でQ値が約1.8の住宅で税別坪単価約60万円です。
しかし、これが30坪になったからといって1800万円にはなりません。
2000万円から2200万円の費用が必要となります。

ダイシンビルド標準的注文住宅の価格表Q1・ZEHも含む構造:2階建て木造住宅
延床面積:108.47㎡
施工面積:124.04㎡


流れ

01:ダイシンビルドとの出会い→

・お問い合せ・資料請求で私たちの家づくりを知っていただく

・構造見学会・完成見学会参加ご予約

・ご紹介等

工務店が建てる注文住宅にご興味を持っていただいた方
初回の顔合わせで好みや暮らし方など理想の住宅をお伺い

02:初回顔合わせ

・現地にて打ち合わせ

・当社事務所等にご来店

・当方にてお客様宅へ伺う

・現場見学会等に御来場

03:ご相談・打合せ→

・土地を購入したのでプランを考えてほしい

・まだ土地を購入していないので希望に合う土地を探してほしい

・建替えかリフォームにするか悩んでいる

・融資、プラン、税金その他お客様によりご相談内容は様々です

工務店で注文住宅のご相談をされる方の内容は様々です
住宅の建設予定地の確認とプランのご相談

←04:現地調査

・建築予定地の実調。

・プランのご相談。

05:プランの提案→

・ご要望を整理してプランのご提案

・何度かプランを一緒に考え、最終プランをご提案。
(図面は平面図と立面図が中心)

・早い人で約1ヶ月、長い方で1年、平均は約2~3ヶ月です。

・専属の設計士と顔あわせを行います。

暮らし方に合わせた住宅プランをご提案いたします
住宅価格を概算でお伝えさせていただきます。

←06:概算見積

・最終プランが決りましたら仕様等も決め概算の見積をご提示いたします。

・先に予算を決めそれに合わせた仕様の提案もさせて頂きます。

・概算見積金額が合わない場合は、プランと概算見積を何度か提案させて頂きすり合わせを行います。

07:仮契約→

・プラン、仕様等と金額が合いましたら仮契約にて受託

・住宅ローン等を着手します。

仮契約後住宅ローンの申請
プランを元に設計を行います。長期優良住宅や各種補助金の申請を開始

←08:住宅ローン内定後

・設計・監理契約を交わし、設計を本格的に開始します。

・細かい実施設計も開始します。

・建築確認書の申請を行います。

・希望により性能表示・長期優良住宅の申請も同時に行います。

・構造、実施計画の設計図面ができると本見積です。
この時は平面図、立面図、仕上げ表、構造図、建具表、設備図面、外構計画等の図面が必要となります。

・概算見積と本見積金額にあまり誤差がなければ工事請負契約を交わします。

・金額に開きがある場合は、再度実施図面との調整を行います。

09:工事請負契約→

・提案した内容にご納得いただいてから契約して下さい。

・工事契約約款等は先にお渡しいたしますので内容の確認をして下さい。

・この頃に確認申請、性能表示等の許認可が出ます。
(確認等の申請期間は約1.5~2ヶ月ぐらいです。)

注文住宅は世界でひとつの家が出来上がります。十分ご納得いただいてからご契約ください
保証や保険の加入、地鎮祭を行います

←10:工事着手前

・地鎮祭を行います。

・ご近所へ工事のご挨拶をします。

・10年保証の保険の加入。

・家かるて加入。(有料)

11:工事着工→

・地盤が悪い場合は地盤に合わせて地盤改良を行います。

・基礎工事着工です。(100%ベタ基礎です。)

配筋検査は審査機関、監理建築士、保険会社、当社現場監督とで徹底的に確認します。

・検査合格後にコンクリートの打設をします。

・工程的には約2週間~4週間です。

地盤改良・基礎工事・検査
棟上げ

←12:上棟

・早朝より建物の棟を上げます。

・上棟式は、最近は形式にこだわらずに簡易にやられる方が多いです。

13:屋根工事→

・建物の屋根の工事をします。

・建物を雨から守るため上棟後すぐに屋根工事に入ります。

審査機関、保険会社と2度の公的検査があり工務店で建てる注文住宅も安心していただけます

←14:躯体工事完了時
(2回目の公的検査)

・構造金物等の設置を終えると2回目の検査です。この検査も配筋検査と同じように行います。

・構造金物等を図面より一つ一つ検査します。
審査機関、保険会社とこちらも2度検査します。(約半日ぐらいかかります。)

15:断熱施工→

・屋根断熱、壁断熱を一気に施工します。

関西随一の断熱技術です
注文住宅を建てられる奥様が一番楽しみな内部造作が始まります

←16:内部造作、外壁工事

・内部は本格的に大工さんの造作工事があります。電気、ガス、水道設備などの工程です。

・外壁は左官、サイディングなどの工程です。

・内装下地貼り前に性能表示の建物は、3回目の公的検査が必要です。
審査機関、工事監理、現場監督での検査です。
主な項目は防水、断熱工事になります。

17:内装仕上げ、住設工事→

・気密検査を行います。C値のチェックです。

・左官塗り工事、塗装工事、クロス、タイル工事これら仕上げ工事を開始。

・キッチン、洗面、トイレ、給湯などの住宅設備もここで入ります。

・すべて完了後美装工事です。

家の雰囲気が決る内装仕上げです
建物完了後公的検査を行い、合格後にお施主様に最終検査を行っていただきます

←18:建物完成です。

・竣工時も審査機関、工事監理、現場監督で最後の公的検査を行います。

・検査合格後にお施主さんと弊社で最終検査を行いお引渡しいたします。

・ここまで、着工から早くても約3ヶ月です。大多数は、約4~5ヶ月必要となります。

・完成時は、各保証書や建築確認申請書、性能表示などは必ず原本確認をして下さい。

・完成記念写真を撮影いたします。(忘れた頃に、すごく思い出となります。)

19:外構工事→

・弊社で外溝工事をされる方は外構工事完成後の引渡となります。

・ウッドデッキ、植栽等、家と町にあったプランご提案させて頂きます。

田瀬理夫先生の植栽をお選びいただけます

注文住宅の仕様

外壁

無塗装サイディング+吹付塗装

無塗装サイディング+吹付塗装

910×3030の大きな無塗装のサイディングに吹付塗装。
弊社では一番人気の仕様です。

モルタル+吹付塗装

モルタル+吹付塗装

昔からある塗壁に吹付塗装を行います。
塗装の種類でイメージが変わります。

ガルバサイディング

ガルバサイディング

都会的なイメージの外観になります。
外壁の汚れを気にされる人にお勧めです。


漆喰

漆喰

昔ながらの外壁になります。
写真はスイス漆喰のカルクオールです。

木貼り

経年で表情が変化します。経年変化を楽しめるロハスな人向きです。



内装

和紙

ビニルクロスは、月日が経つと汚れていくだけですが、和紙は風合いが出てきます。

オガファーザー&デュプロン

無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙「オガファーザー」と何度でも塗りなおしメンテナンス出来る自然塗料「デュプロン」

中霧島壁ライト

中霧島壁ライ

消臭・調湿機能、空気清浄化作用、VOC成分吸着作用など、室内の空気感を大きく改善し、シックハウス対策にも適している塗壁です。


杉フロリーング

杉フロリーング

無垢フローリングです。一般的な薄い板を貼っただけの複合フローリングと違い、100%吉野杉。節がある「一等材」、節が無い「上小」があります。

板貼

板貼

天井に吉野杉を貼ります。メンテナンスが難しい勾配天井は、板貼をオススメしています。

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックス

木に艶が出てきて、水もはじきます。誰でも簡単に塗れます。コスト削減でご自身で塗られる方もおられますが、地味にきついです。特に夏場は。



外部建具

樹脂サッシ

樹脂サッシ

樹脂窓とは、窓のフレームが樹脂製で出来ていて、 断熱・遮熱・気密性に非常に優れている窓です。

木製サッシ

木製サッシ

木製サッシは性能もいいですがリビングにあると借景まで変えてくれるお洒落な窓です。



内部建具

木製造作建具

木製造作建具

ひとつひとつ手作りの建具です。主にラワンやシナで提案します。



設備

床下エアコン

床下エアコン

直接エアコンの風に当たらず快適な暖房方法です。高断熱高気密ならではの設備です。

一種換気(熱交換型)

一種換気(熱交換型)

換気による冷暖房費のコストを安く抑えます。
通常0℃の換気を室温が20℃の時には14℃に暖めてから室内に入るようになります
(熱交換率70%の場合)


<< ダイシンビルドの外構・緑の話

安心・安全保障について >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775