新住協の家づくり理念

私達が所属をしている新住協の家づくり理念に、作り手と住まい手の協働があります。

「住まいは、お客様の大きな財産を預かってする仕事です。
自動車のように、4~5年我慢して買い換えるというわけにはいきません。
誠心誠意を持って、住まいづくりに当たることを誓えますか?」

との問いがあります。

私達の規模で新築・大型リノベーションを合わせて年間10棟までの施工ならこの理念を誓えます。

昔のように無理をすればもっと施工はできますが・・・納得のできる施工は現時点ではこの棟数です。

せっかくのお家づくり一緒に楽しみたいと思います。

お施主様と一緒に木を見に行ったりもしています。
大切な自分の家の木です。ぜひ現地で確認していただきたい一つです。

量産ハウスメーカーとは違います

高度成長期の頃なら量産できるハウスメーカーさんやローコストビルダー建売住宅が重宝されたと思います。
そこでは会社の規模や売上・株主の配当等が重要視されて住まい手は忘れられました。
結果、日本のお家の寿命が約30年でスクラップアンドビルドされてきました。
都心部の住宅需要や急成長の経済状況の中では、その時代にあった仕事だったと思います。

ここでは売上至上主義の中、大事なものが忘れられたような気がします。
私達みたいな工務店の仕事の基本は「手仕事」です。
特別な日のお料理は手仕事の料理店から料理を取りたいです。
工場で作られる物は口にしたくないです。
同じように工場で造られたお家は「あじけない」感じがします。
そして不思議な事ですが、工場で造られるお家ほうが高価になります。
どこの誰の業種でも手仕事のほうが高くなるはずなのですが・・・お家に関しては違う感じがします。

私達も下請けの時代があり棟数や売上の規模も考えた時代もありますがそれは楽しくないお仕事です。
嫌な事でもNO!とは言えずお仕事で割り切ってました。
これは住まい手さんにとっては迷惑なことだと思います。

楽しくお仕事をして住まい手さんに喜んでもらうには今の当社の力では10棟が限界です。
一棟、一棟楽しみながら・・・
住まれてから「ありがとう」と言ってもらえる仕事に励みます。

<< コストバランス

素晴らしい山守り >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775