お金をかける所を吟味する

同じ大きさのお家でも仕様によって変わってきます。
何を優先にするのかを考えてバランスのいい予算配分を心掛けてください。
私達は、家の根幹である基本性能、耐震性や断熱性を重視したいと思います。
住宅設備は(キッチン等)はお家の耐久性から考えても短命ですし、後からいくらでもお金をかけることができます。

住宅設備は、構造などと違い取り替えることが簡単です。
特に水回りの住宅設備は短命なので、キッチンなどに大きなお金をかけるのではなく、家を建てる際には、後でお金をかけることのできない躯体に掛けるべきだと考えています。
耐用年数も大幅に向上します。

上記写真は、ダイシンビルドの枚方香里実験ハウスの水回りです。お気軽に実物をご覧ください。

坪単価表記の落とし穴にご用心

「坪単価60万円ということは、30坪の家は1800万円で建つ」と、 「坪単価」をハウスメーカーの比較や、自分が建てる家の費用の目安にしている人は多いことでしょう。
これは大きな間違いです。 坪単価の計算方法はハウスメーカーによって違いますし、また、 建てる家の条件によっても坪単価は変わってきます。
坪単価だけで高い安いを判断することはできないですし、 広告の坪単価に延床面積を掛けて出てきた数字で自分の家が建てられる事はないです。

坪単価のおかしな常識

ココではわかりやすく坪単価のおかしな常識をご説明します。
建物を施工するには、床・壁・天井の施工が必要です。
建物の形状によってどれくらいの差があるか?横の図をご覧ください。
AとBは2つとも同じ床面積100㎡、30,25坪の建物です。
塗装屋さんとして、A・Bの壁1~4(図のイエロー・グレー色)の壁面・総面積を計算します。
下の図をご覧ください。

同じ床面積でも壁だけ取り上げてもこれだけの差が発生します。
坪単価計算がいかに宛にならない基準になっているか、御分かりいただけると思います。

会社として

量産ハウスメーカーは地域工務店と比較をして住宅の質と関係のない膨大な経費を使っています。
大きな項目として
1.展示場の出店・維持コスト
2.TVCM、雑誌等の過剰な宣伝広告費
3.豪華なパンフレットや販促費用

その他もありますが、上記の3点を考えただけでも相当な費用が要るのは分かります。
ましてや有名俳優さんを起用したCMなんて…
この費用は間違いなく建築費から出ています。
私達はお家の質を下げそうな広告費を出来るだけ抑えて「高品質なお家を手の届く価格」で考えます。
パンフレットや資料がとても手作り感あふれるものですが、中身は充実しています。
ぜひ一度ご覧ください。
資料請求はこちらからどうぞ

<< 耐久性

年間10棟までのおうちづくり >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775