DURABILITY

住宅の耐久性

日本の家の平均寿命は約30年。
アメリカ約55年、イギリス約77年と比べると短命です。
木造お家が約30年程度でダメになるわけでは無いです。
田舎のお家や大阪・京都の長屋や民家が約100年程度もっているものは多数あります。

2009年に施行された「長期優良住宅」は私達もその年より建てています。
これは一定水準以上の性能のお家に補助金が出ます。

弊社長期優良住宅実績

長期優良住宅先導的モデル 平成21年・22年度 計 3棟
長期優良住宅普及推進事業 平成22年・23年度 合計 6棟
地域ブランド化事業(木の家促進事業) 平成24年・25年度 合計 10棟

現在、長期優良住宅は弊社の標準仕様です。

6つのSの層

「ホールアースカタログ」の制作者として知られるスチュアート・ブランドは「建物はいかにして学ぶか」で、住宅を構成する6つのSの層について述べています。
「SITE(土地)」「STRUCTURE(構造)」「SKIN(外皮)」「SERVICES(設備)」「SPACEPLAN(空間計画)」「STUFF(調度品)」に分けられたこれらの層は、それぞれが異なる寿命を持っています。
図の線の太さはその寿命を表し、構造は太く、外皮や設備はそれに比べて細くなっています。
点検も修繕も、これに伴ってサイクルが変わってきます。
構造躯体は長持ちしますが、設備や外壁・屋根などはそれより早く寿命がやってきます。
でも、適切にメンテナンスをすれば、その寿命を延ばすことが出来ます。
自分で出来る点検、お手入れからプロに依頼する大掛かりなところまで、家のメンテナンスはさまざまです。

メンテナスフリー

住宅に携わる者としてメンテナンフリーはあり得ません。
これが一番住宅を短命にした大罪です。
車でも洗車やオイル交換、タイヤの空気圧等のメンテナンスはあります。
お家はメンテナンス無しで長い年月住めないです。

右記内容は、住宅支援機構HPに掲載されている、マイホーム維持管理ガイドラインの内容の一部です。
暮らし方にもよりますが、一応の目安です。
より詳しい内容につきましては、住宅支援機構HP「入居後の住まいの保守管理」ページをご覧ください。

<< 床下エアコン

コストバランス >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775