EASY SPACE CREATION

五感を育てる

木は生き物です。人も生き物です。 だからなのか、人は、同じ生き物の材料に親しみを感じます。
木の年輪は、木が生きてきた記録です。長生きした木には、精霊や霊魂が宿っているといわれます。
それを材料に用いて家をつくり、お箸に始まり、お膳、お椀、風呂桶など日本人の生活用品の隅々に木が入り込んでいました。
木も、土壁も、紙も布も、畳も、湿気を吸収してくれます。
もし室内の湿度が高ければ、それらの材料はその水分を吸い取ってくれ、室内が乾燥していれば、材料内部の水分を適度に発散してくれます。

生きている材料には、微妙ともいえる調節作用があるから、木の家は住みやすいのです。
しかし、畳や、障子や、襖や、土壁は、場所が変わったり、集中豪雨に見舞われて床上浸水になったりするとどうにも始末のつかない材料でもあります。
床を上げて板の間をつくり、そこに濡れたらどうにもならない材料を用いて家を建てた日本人の知恵は、これはもう「文化」というほかありません。
「素足と座布団」で過ごす暮らしは、とても気持ちがいいです。

自然素材を使う

無垢のフローリングは、複合フローリングと違って柔らかく弾力性があり、素足でも負担がありません。
ただ、その反面、無垢材は柔らかく傷がつきやすい為、工務店としてはクレームの対象になるので避けたいところですが、無垢の床で生活した人は、合板の床でさえコンクリートの上を歩いているようだといい、もう無垢のフローリング生活から離れられないといいます。
また、傷がついても無垢材なら傷のついた部分に濡れた雑巾を置いておけば元に戻ります。
塗り壁・珪藻土は、湿気の吸収・排出に優れ、夏涼しく冬暖かいなど、室内の湿度、温度が安定するので、高温多湿の日本の気候風土に適した壁といわれています。
断熱、遮音、耐火性、結露防止などにも優れていて、種類としては、内外装の壁として使用される聚楽や漆喰壁・塗り壁・珪藻土壁などがあります。
材料は、土や石灰、貝灰などに寸莎や糊を混ぜて用いてきました。


吉野檜羽目板

吉野檜フローリング

紀州杉羽目板

 



蜜蝋ワックス

リボス自然健康塗料

オスモ―OSMO―

ウッドロングエコ

薩摩中霧島壁

<< 土地の特性をよく見る

太陽と風をうまくと入りいれる >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775