OUR HIGH INSULATED HOUSE

ダイシンビルドの高断熱高気密住宅の特徴

ダイシンビルドが建てる高断熱高気密住宅は、北海道の室蘭工業大学 名誉教授 鎌田 紀彦氏 が中心となり、大学で研究が進められた技術です。
木造の軸組と言う日本の在来工法は世界中探しても日本だけのものです。
従って、欧米の様な枠組壁工法ではなく軸組工法にあった断熱気密の技法が必要でした。
この研究の結果が今日の日本の省エネルギー住宅の始まりです。
ダイシンビルドは、鎌田教授が代表理事を務める一般社団法人新木造住宅技術研究協議会(新住協)、その関連機関の研究や実験に共に参加し、直接会得した技術で施工しています。
建材メーカーやフランチャイズの断熱工法ではなく建築学会の研究として真摯に取り組まれ開発してきたオープンな工法です。
この工法を選ぶ理由は、すでに検証実験が終わり多くの実験データを残している点です。


フランチャイズ本部に対して保証金等の費用も発生しないため、最終的には建築費への上乗せにもなりません。
今、怪しげな○○工法とか○○断熱と謳った高断熱・高気密住宅が多いですが、すべて建材メーカー等やフランチャイズ本部からの仕入れとなり、その最終負担はもちろん施主様自身になります。

暖房を入れても暖房の周りしか暖かさを感じないと、いうことはございませんか?
それは気密性の問題です。
気密を正しくおこなうことで、少ないエネルギーで最適なパフォーマンスを実現することができます。
また、24時間換気を行うことで、吸気と排気を計画的に行います。

新住協ホームページへ

家の燃費を考える

高断熱高気密住宅に必要なことは、「熱を取り入れない。逃がさない。」ではありません。
必要な熱を取り入れ、余計な熱は取り込まない。
無駄な熱を排出し、必要な熱は逃がさない。
この2つがとても大切です。

考えたことありますか?誰も言わない家の燃費のこと。

エコカーやハイブリッドカー。車の性能によって、燃費は変わります。
家だって同じなんです。

家の燃費?と不思議に思われるかもしれません。
ここでいう「燃費」とは、暖房費(エネルギー)の事です。
東北では1年の半分、少なくとも1/3は暖房しているのですから、その負担は決して軽くありません。

関西では、東北ほどの暖房費は必要ないかもしれませんが、その分、熱い夏を乗り越えるための冷房費が必要です。
一年を通して、大好きな家で家族全員が快適に暮らすために必要な光熱費を少しでも減らし、財布にも環境にも優しい生活をおくる。

ダイシンビルドでは、夏は湿度が高く熱い日が続き、冬はそこまで寒くはならないといった関西の気候風土に合わせた、高断熱高気密の家を建てることで、家の燃費を最大限に高めます。
なんとなくの感覚ではなく、「QPEX」という、新住協の暖房エネルギー計算プログラムを使用し、設計段階で家の燃費が分かります。
家は人生最大の買い物であり、一生を過ごす場です。
目先の費用だけではなく、一生付いて回る費用も計算してみてください。

温度のバリアフリー

最近聞かれるようになってきた言葉ですが、トイレや洗面所、廊下、階段等は冬場などに寒く感じた事はないですか?
このような場所は冷暖房機器が無いのでお風呂に入るときに、暖かい部屋から急に冷えた脱衣所に入り、また温度の高いお風呂に入り倒れてしまう。
冬場の朝トイレに行き倒れ込んでしまう。
これを、家庭内でのヒートショックと言います。

ヒートショックとは、室温の急激な温度変化によって、血圧が急激に上昇・下降したり、脈拍が早くなったりするなど体に及ぼす影響のことで、これにより心筋梗塞や脳血管症などが発生することがあります。
東京瓦斯都市生活研究所によると、1年間にヒートショックが原因で亡くなる人は推定で14,000人、交通事故の死者よりも多いと言われています。

これを失くすのが、高気密高断熱住宅です。
家全体を断熱しますので、家の中での温度差が無くなります。
イメージとしては、魔法瓶をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。
そして、家全体を全館冷暖房にすることです。
そんな無駄な事をと思われるかもしれませんが、高断熱高気密住宅では少ないエネルギー(高熱費)が可能になります。
このことで家庭内でのヒートショックを防ぐことが出来ます。
なぜならば、トイレや洗面所に温度差が少ないからです。

上下温度の改善

下の図は、断熱水準が室内上下温度に与える影響をシミュレートした結果。
旧省エネ基準レベルから次世代省エネ基準レベルへ断熱性能を上げると[※]、エアコンの温風が床面付近まで到達し、上下温度ムラを改善することが分かる。

床下エアコン

ダイシンビルドでは、家中を快適な一定の温度にするために、床下エアコンを利用しています。
高断熱住宅だからこそ可能な、お家まるまる冷暖房システムです。

床下エアコンシステムについてさらに詳しくはこちらのページをご覧ください。

<< 新住協との出会い

正しい知識と施工技術 >>

page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775