温度のバリアフリー

最近聞かれるようになってきた言葉ですが、トイレや洗面所、廊下、階段等は冬場などに寒く感じた事はないですか?
このような場所は冷暖房機器が無いのでお風呂に入るときに、暖かい部屋から急に冷えた脱衣所に入り、また温度の高いお風呂に入り倒れてしまう。
冬場の朝トイレに行き倒れ込んでしまう。
これを、家庭内でのヒートショックと言います。

ヒートショックとは、室温の急激な温度変化によって、血圧が急激に上昇・下降したり、脈拍が早くなったりするなど体に及ぼす影響のことで、これにより心筋梗塞や脳血管症などが発生することがあります。
東京瓦斯都市生活研究所によると、1年間にヒートショックが原因で亡くなる人は推定で14,000人、交通事故の死者よりも多いと言われています。

これを失くすのが、高気密高断熱住宅です。
家全体を断熱しますので、家の中での温度差が無くなります。
イメージとしては、魔法瓶をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。
そして、家全体を全館冷暖房にすることです。
そんな無駄な事をと思われるかもしれませんが、高断熱高気密住宅では少ないエネルギー(高熱費)が可能になります。
このことで家庭内でのヒートショックを防ぐことが出来ます。
なぜならば、トイレや洗面所に温度差が少ないからです。

上下温度の改善

下の図は、断熱水準が室内上下温度に与える影響をシミュレートした結果。
旧省エネ基準レベルから次世代省エネ基準レベルへ断熱性能を上げると[※]、エアコンの温風が床面付近まで到達し、上下温度ムラを改善することが分かる。

床下エアコン

ダイシンビルドでは、家中を快適な一定の温度にするために、床下エアコンを利用しています。
高断熱住宅だからこそ可能な、お家まるまる冷暖房システムです。

床下エアコンシステムについてさらに詳しくはこちらのページをご覧ください。


page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775