新住協の高断熱技術

ダイシンビルドが建てる高断熱高気密住宅は、北海道の室蘭工業大学 名誉教授 鎌田 紀彦氏が中心となり、大学で研究が進められた技術です。
木造の軸組と言う日本の在来工法は世界中探しても日本だけのものです。
従って、欧米の様な枠組壁工法ではなく軸組工法にあった断熱気密の技法が必要でした。
この研究の結果が今日の日本の省エネルギー住宅の始まりです。
ダイシンビルドは、鎌田教授が代表理事を務める一般社団法人新木造住宅技術研究協議会(新住協)、その関連機関の研究や実験に共に参加し、直接会得した技術で施工しています。
建材メーカーやフランチャイズの断熱工法ではなく建築学会の研究として真摯に取り組まれ開発してきたオープンな工法です。
この工法を選ぶ理由は、すでに検証実験が終わり多くの実験データを残している点です。


フランチャイズ本部に対して保証金等の費用も発生しないため、最終的には建築費への上乗せにもなりません。
今、怪しげな○○工法とか○○断熱と謳った高断熱・高気密住宅が多いですが、すべて建材メーカー等やフランチャイズ本部からの仕入れとなり、その最終負担はもちろん施主様自身になります。

暖房を入れても暖房の周りしか暖かさを感じないと、いうことはございませんか?
それは気密性の問題です。
気密を正しくおこなうことで、少ないエネルギーで最適なパフォーマンスを実現することができます。
また、24時間換気を行うことで、吸気と排気を計画的に行います。

新住協ホームページへ


page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775