お家の安心保証 瑕疵保険って・・・

お家を建てる時に検討したい内容の中に設計デザイン、予算、担当しくれる方との相性

等々・・・いっぱい考える事はたくさんあります。

その中でも保証制度を気にしてる方も多いと思います。当たり前ですね。

その一つの中で重要視されてるもの・・・瑕疵保険があります。

平成21年10月に瑕疵担保履行法により全ての新築住宅事業主が入るのを義務化された瑕疵保険。

瑕疵とは建物が本来備えているべき品質や性能を欠いている状態の事で簡単に言うと、欠陥・キズモノといった意味になります。

但し、瑕疵の対象は住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分

となります。

お客様の新居で居住から10年以内に瑕疵が見つかった場合建てた建築会社に修理の申し出

が出来ますが、でも倒産してしまったら・・・

住宅所得者が保険会社に直接請求が出来ます。

 

 

本当なら瑕疵というものが無いように建てないといけないのが当たり前だとは思いますが、それでも瑕疵が発生している事例もあります。

そんな時の瑕疵保険です。

 

只、お家を建ててから10年以内に瑕疵の対象となる部位になんらかの工事、もしくはリフォーム等を行った後に瑕疵が発生した場合、

対象から外れる事があります。

最近は省エネ住宅のために太陽光発電を後から載せるという事もあります。特に建てた工務店以外の業者さんにお願いする場合は

十分気を付けていただく方が良いですね。

建てた後も安心・・・となるようなお家づくりにして下さいね。

そしてその後の維持管理も大事になる事が分かるように維持管理のコラムも合わせてお読み下さいね。

 

 

 

 

 


page
top

MENU

有限会社ダイシンビルド

Copyright ©Daishinbuild Co., Ltd.

0120707775